株式会社サンリオ 2021年3月期第1四半期決算

サンリオの2020年度第1四半期決算が公表されましたね。

ハロスイ住民さんたちは普段、サンリオの企業としての側面をご覧になる機会は少ないでしょうから、ちょっとご紹介させていただきます。

 

株式会社サンリオ 2021年3月期第1四半期決算

株式会社サンリオの2020年度第1四半期決算は営業利益の段階から11億円の赤字(営業利益:△1,177百万円、経常利益:△999百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益:△858億円)となっており、売上高に至っては前年同期比△45.5%減益の7,289百万円ととても厳しい内容となっています。

もともと海外でのライセンスビジネスに厳しい状況が続いていたところ、この新型コロナウィルス感染拡大に伴って、(どの企業もそうですが)第1四半期は惨憺たる状況なってしまったようです。

 

社長交代

実はサンリオは辻 信太郎現会長が一代で築き上げた会社です。

サンリオの社名の由来をご存知ですか?山梨出身の辻会長が、俺は山梨の王(音読みしてサンリオ)になるんだと言って興した会社なのです。

それが、今年の6月、お孫さんの辻 邦明現社長に交代となりました。

ご参考:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8136/tdnet/1848818/00.pdf

現社長は、とても厳しい時期にバトンタッチされたものです。何とかお力になって差し上げたいと思ってしまいます。

 

サンリオピューロランド休園

しかも、第1四半期においては、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、ディズニーランド同様、サンリオピューロランドも休園せざるを得ませんでした。

僕も行ったことはないのですが、大分にあるハーモニーランドも同様です。

ハーモニーランドの再開は6月8日でしたが、ピューロランドは7月13日再開で第1四半期は営業できなかったことになります。

 

4~6月休園すると、どれだけ費用がかさんでしまうのでしょう?

参考になる開示がありました。

この休園に伴って12億円に上る特別損失が計上されたようです。

ご参考:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8136/tdnet/1868329/00.pdf

そんなに損失が出るなら僕が遊びに行ってあげたのにと思っちゃいます。

 

現在、ご案内の通りサンリオピューロランドはディズニーランド同様抽選入場ですが、ハロスイ住民の皆さんは(僕も含め)何度でもピューロランドに足を運んで、少しでも大好きなサンリオの力になっていただければなと思うところであります。